これから盛り上がる公営ギャンブルについて

はじめに 「あなたはどんな状況ですか?」

ギャンブルについて
みなさんはこれまでどのような公営ギャンブルを試されてきましたか??

競馬、競輪、競艇、オートレース。もしくは未経験。
また、どれも上手く行かず、パチスロにハマっている方もいるかもしれません。

ご自身で予想をして楽しむのは嗜みであり、それをとやかく言われる筋合いはありませんが、
可能なことなら…買った券が当たってお金を得られた方が嬉しくないでしょうか??

その額が少額であっても、仮に買った券よりも安く付いてしまっても…
それでも当たった時はなぜか嬉しくなったりしませんか??

段々とその感覚に麻痺をし、次第にプラスにならなければイライラしたり、
上手く行かず、予想会社を頼ってみるも、まだ自分で予想をした方がマシだったり…

踏んだり蹴ったりな事ばかりなこの世界ですが、
本当に情報を持っている予想会社が少なからず実在している
そんな事が事実だとしたら、あなたは間違いなく試してみたくなるでしょう。

かつての私も、好きな馬・気になる馬に応援馬券を買って、
競馬それ自体の魅力を楽しんでいましたが、途端に配当に目がくらみ、
次第に予想の質に着目し始め、予想会社を利用するところまで落ちました。

落ちた、という表現は最終的にプラスに転じますが、当初は悪徳サイトに引っかかり、
お金をドブに捨てるような事もありましたが、今はそうではありません。

先程書いたとおり、今は「本当に情報を持っている会社」を掴んでいるため、
毎回必ず勝てる事はありませんが、素人が予想するよりかはずっと良い結果を得ています。

踏ん切りがつかないけど、ちょっと予想サイトも気になっている
自分の予想よりもずっと稼げる可能性があるならそっちを試してみたい
これまで予想サイトとかで騙されてきたけど、本当にあるのなら…

良いサイトを広げることによってオッズの低下を招く可能性もありますが、
そう簡単に、そう早くオッズが下がることはないでしょう。

なぜなら、私が勧めたところで、何千人も紹介したサイトなどに登録するとは思えませんし、
私が紹介したサイトを悪徳と叩く媒体があり、それを信じる人もいるからです。

何を信じるかは人それぞれであり、仮に誤った価値観を持っていたとしていても、
それを正すのは難しく、それなら路頭に迷っている人に道を示してあげたほうが良いでしょう。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、早速本題に入りたいと思います。

ズバリ!これから稼げる穴場の公営ギャンブルとは…??

今が穴場の公営ギャンブルは、ズバリ「○○」!

公営ギャンブルは稼げる?
始めに伝えておきますが、オートレースでは無いです。

公営ギャンブル 売上

【引用】https://cazy.jp/cat-story/1099/

こちらが2018年度の公営ギャンブルの売上をまとめた画像になりますが、
競馬<<競艇<<<<競輪・オート
という順位になっているのが分かり、競馬が一人勝ちをしています。

一番売れてる競馬が稼げるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
これはあくまで人気なだけであり、稼げるかどうかは別問題です。

競馬と競艇、当てるならどっちのほうが簡単かといえば、
単純にレースに出る馬・人の数が競艇は少なく、確率上で言えば的中はさせやすいです。

競馬は魅力的なスポーツであり、馬の歴史や騎手の魅力、配当の高さなどにより、
投票をする人が多く、結果的に売上が伸びているのです。

反対に競艇はどうでしょうか?
選手が乗っているボートやプロペラに特別な魅力がありますでしょうか?
(全く無いと言えばそれは批判を受けてしまいますが…)
選手の技量や、出身地によるプライドのかかったレースなどが見どころですが、
競馬ほど、人を惹き込むポイントは少ないでしょう。

今回着目すべきは「これから稼げる公営ギャンブル」についてであり、
一人で予想をして勝つのは難しいため、あくまで「予想サイトありき」の話になります。

競馬における予想サイトの数は非常に多く、ほとんどが悪質な運営であり、
多くのユーザーを不信感に陥れてきたのも事実でしょう。
もはや競馬予想サイト業界は飽和状態であり、供給過多でニーズも低めです。

競艇も一昔前までは市場規模の伸びを見せ始め、予想サイトも台頭はしてきましたが、
もうしばらくすると、今の競馬の状況と同じように予想サイトの供給過多になるでしょう。

となると、残るのは「競輪」だと私は見ています。

競輪の市場規模について

競輪はいま、競馬や競艇ほどではありませんが、
次第に市場規模が大きくなりつつある業界でもあります。

先程の表の画像では「競輪・オート(計)」と一括りにされており、
それぞれがどれだけの売上や参加人数が居るのかが不明でしたが、
経済産業省のデータを参照してみたところ、興味深いデータを見つけられました!

外部リンク▶平成31年3月27日 競輪・オートレースを巡る最近の状況について

競輪 売上など
こちらが競輪の「売上高・本場入場者数の推移」のグラフになっています。

赤線の入場者数はここでは見なくて大丈夫です。
赤線が下がっているのはインターネット投票をする人が増えたからですね。

平成30年(2018年)の3月末の時点で売上が約6,400億円あるのが分かります。
平成30年末までのデータが公開されていなかったので終値が分かりませんが、
少なくとも平成29年度よりも高いのは明白であり、右肩上がりになるのが分かります。

対するオートレースのグラフはというと…
競輪 売上など1
平成30年3月末時点で690億円の売上となっており、競輪はその時点で約6,400億円
競輪と比較して約1/9の売上となっており、まだまだ熟していないのが分かります。

前年度と比較して伸びてはいますが、横ばいが続いているので、
ここから伸びる兆しを見せるかどうかは…プロモーションなどの拡散力次第でしょうか。

先程も伝えたとおり、この結果を踏まえて”いま”は「オートレース」ではありません。
これから稼ぐチャンスとなりうるのは競馬、競輪、オートレースでもなく「競輪」でしょう。

なぜ競艇よりも人気のない競輪がこれからチャンスがあるのか?

レート
データの事は分かった。でもそれがなぜ、これから競輪が儲かると言えるのか?
そう思う人が多くいらっしゃるかと思うので、私なりの見解を伝えます。

いきなり競輪で例えるのは難しいので、過去の競艇の例から話しましょう。

数年前まではあまり競艇予想サイトも少なく、
今もこのサイトで優良としている「SPEED」「フルスロットル」といったサイトが強く、
当時から実力を持っており、多くのユーザーが利用しているのは口コミでも分かりました。

しかし今はどうでしょう?
そういったサイトを埋める勢いで新しいサイトが乱立し、
様々な検証サイトで新たなサイトの検証や告知がされ続け、
今や「SPEED」「フルスロットル」は過去の競艇予想サイトというイメージですらあります。
(時間が経ってはいても、今も有力な優良競艇予想サイトです)

新サイトの乱立。多くの検証媒体による様々なサイトの宣伝…
あらゆる要因によって多くの人が次第に悪質サイトの負の連鎖に足を踏み入れています。

そして何を信じれば良いか分からなくなればそれが最後。
それは今の競馬予想サイト業界の混沌とした世界になります。

クッキリと実態の判別の付きやすかったモノが、段々と黒いモノが集まり、
次第に実態はモヤモヤで覆われ、黒くて怪しいモノに変わるイメージでしょう。
真っ黒クロスケ
それを踏まえると、今の競輪やオートレースは”黒いモノ”はほぼ皆無であり、
非常にクリアな世界であるため、予想サイトの良し悪しがハッキリと分かりやすいのです。

まとめ

これから稼げる公営ギャンブルまとめ
話が長くなって要点が分かりづらくなってしまったので簡単にまとめると、

ポイント
・競輪は市場が発展途上であり、予想サイトの数もかなり少ない
・予想サイトの数が少ないので、サイトの良し悪しの判断がしやすい
・競輪予想サイトを利用する人もそれほど多くないので、情報が完売しにくい
・予想サイトが増えて数が多くなる前に参入して先行者利益を得たほうが良い
という事になり、早い段階から競輪に挑戦した方がオススメだという事になります。
言い換えると、今のうちから優良サイトを知っておくと得をするという事ですね。

「もうちょっと後ででもいいや」と思っていると、
恐らく今の競艇予想サイトのような市場になっていると思われますし、
先行者利益を逃してしまいかねないタイミングでの参入となる可能性もあります。

人が寄らないところには何かあるというのは有名な事ではありますが、
まさに今の競輪は人気が少なく、モノを漁るには絶好のタイミングだと言えるでしょう!

また、今現在サイトで優良としている競輪予想サイトも紹介しておきますので、
今から稼ぐチャンスを得たい人は是非検証ページを見てください!

だんだん競輪予想サイトも多少ではありますが、数が増えつつあるので、
どこのサイトを使ったら良いのかわからなくなる前に、
まずは上記のサイトを試してみる事を強くオススメします!